2014年04月08日

初心忘れるべからず

人間って欲深い生き物ですよね。
ふと思った今日この頃。
それは自分に対してですが・・・

前までは、そんな出来事は夢のような出来事だったのに、それが何回もあると段々と普通の出来事になり、そしてもっと、もっと、と望むようになる。
いやいや、欲深い。

それがどんなに幸せな事か、振り返ってみなよって。
そしてそんな幸せな出来事は、いつなくなってしまうかも分からない事なんだ。

きっかけは些細なことかもしれない。
でもそれは取り返しがつかないことでもあるんだろうな。
怯えてばかりいては駄目なんだろうけど、やっぱりそんなに強くはなれないよね。

今実現出来ている幸せなことは当たり前のことなんかじゃない。
そう、それを忘れないようにしないと、どんどん欲深くなっちゃう。
しっかり大地を踏みしめないと。

そんなことを感じた今日この頃でした!

posted by kaori at 04:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

イライラ・・・

最近、ダメですね、自分。

なんかちっちゃい事でイライラってしちゃう事がよくあって、ほんと反省ばっかりしてる気がします。

話題は変わりまして・・・
4月からSHINJUKU LOFT 15TH ANNIVERSARYが始まりました!
…という事はですね、私もLOFTで働き始めて丸っと15周年!!
ヤバいね。。。

ブッカーとしてはまだまだ未熟な私ですが、15周年公演を何本か企画しました!
最初にやってくるのは、
4月21日(月)開催「master+mind 〜歌舞伎町夢一夜〜
なんとなんと、前から店長もオファーしていましたがタイミングが合わず、今回の私のタイミングでスケジュールがとれて、MERRYと戸川純での2マンを開催します!!
私的に、今回の周年でのオファーのキッカケは、実はMERRYのガラさんなんです。
ガラさんに超感謝☆

そして次が4月30日(水)開催「master+mind 〜acoustic mind #04〜
LOFTと言ったらお馴染みのthe god and death starsのアコースティックバンドの『GOD A』、もう何度もご出演頂いてますdefspiralのTAKAさんのソロプロジェクト『Montage.』、そしてこのスタイルではLOFT初出演となる先日LOFTでワンマンも開催しましたTHE BEETHOVENのマコトさんのソロプロジェクト『怪人二十面奏』、そしてそしてLOFTによくご出演下さっているZIZの『Közi』さんのソロプロジェクトの4組が出演!
椅子席もありますので、ゆったりお酒でも飲みながら音楽に浸れる一夜になったらいいなぁ〜と思ってます!

そして5月に入りまして5月13日(火)開催「master+mind 〜beat in mind〜
LOFT初出演となる「HOLLOWGRAM」、結成二回目のライブのはず「Femme Fatale」、そして「Sel'm」での3マン!
この3マン、今年始めに温めていた企画内容でもあります。
今回周年公演として開催出来る事になり、嬉しいです〜。

そしてそして5月22日(木)開催「master+mind 〜Resonating Sound〜
vezとTHE SLUT BANKSのガチンコ2マンが遂に実現!!!
そしてvezはすっごく久し振りにLOFTに出演でもあります。
やっと実現するこの2マン、是非観てもらいたいです☆

そんなこんなで各公演、前売りチケット絶賛発売中(ちゃっかり宣伝 笑)なので、是非来てくださいね〜。


つい最近の出来事ですが、とあるライブハウスに行き、箱の人間として感じた事があります。
売り切れ公演のイベントで、まぁパンパンでした。
ライブハウスなので、仕切りもないので、お客さんと一緒に会場にいたわけです。
で、立ち止まってはいけないゾーンみたいのがあったんですが、まぁ逃げ場がないわけで、そこに立ってました。
でもそのライブハウスの店員さんに注意され移動したんですが、そのうちやっぱり居場所がなくなったお客さんがその場所に立ち止まる事になりました。
店員さんも、その方達に声を掛けませんでした。
…というか、まぁ逃げ場所がないのでそれは声掛けれないよな〜と思い、そこはしょうがないかな、と思いましたが。
ただ、その場所は箱のスタッフさんがよく通る導線だったりもしたんですね。
私はそのゾーンには立ってませんでしたが、その近くに立ってました。
で、「この店員ないでしょっ!!」って思ったのが、その箱の店員がそのゾーンを通る時に、やりすぎだろって思うぐらい、お客さんを押しのけて通っていくんです!しかもそのゾーンにいない私もその店員に押されました。
ステージに行かなければいけないのは分かるけど、こんだけ詰まるの分かっててチケットを出したのは箱の責任なんだから、そこはそういう態度はないんじゃないかな、って思ったわけですね。

キャパを確保するのは、その箱の責任。
同業者として、この店員はありえないって思いました。
他の店員さんも通る度にやっぱりぶつかるので、ほんと不快感を何度も味わいました。
なんか楽しいライブのはずが、まぁ気分悪かったですね。

LOFTではこんな店員がいない事を100%祈ります。


なにはともあれ、最近の自分はちっちゃいことでイラっとしちゃう傾向があるので、気をつけていきたいと思いました!!
posted by kaori at 01:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする